純資産額の目安 安全な投資信託選び方ガイド

人気のノーロード、毎月分配型、通貨選択型投資信託などの紹介や、買い時や売り時の案内、利回りの目安、損しない投資法など、投信、ファンドに関わる情報を初心者にもわかるように記載したブログです。

[スポンサードリンク]

ホーム > スポンサー広告 > 純資産額の目安ホーム > 選び方 > 純資産額の目安

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[スポンサードリンク]

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

純資産額の目安

純資産額とは、投資信託が持つ資産のことです。基準価格x総口数で計算されます。純資産額が大きいということは、基準価格が高く総口数が多いということです。総口数が多いということは、その投資信託を購入している投資家が多く、人気が高いといえるため、人気のバロメータとしても扱われます。

純資産額が多い投資信託では、資金力があるため安定した投資運用が可能となります。逆に、純資産額が低いファンドは資金力が低いので安定した投資ができない可能性があります。場合によっては償還されるリスクもあります。純資産額が減少している投資信託には注意が必要です。

純資産額は高ければ高いというわけでもありません。純資産額が大きすぎる投資信託は株式や債券の売買の規模が大きいため、柔軟な売買が難しくなってきます。それによって動きが鈍くなることがあるので注意が必要です。
純資産額は最低でも10億円以上、希望は50億円近くあると安心です。最大は、1兆円以下を目安にするといいです。

ちなみに日本で最大のファンド「グローバル・ソブリン・オープン(毎月決算型)」は純資産額が4兆円近い超巨大ファンドです。

純資産額は運用期間が長くなると共に増加していくのが良質なファンドです。純資産額減少している投資信託は、基準価格が減少しているか、総口数が減少になります。

ただ、純資産額が減少していても、総口数が増加している場合があります。そのようなファンドは、良いファンドがお買い得になったと考える投資家が多いために起きるので、購入を検討してみると良いです。

[スポンサードリンク]

[ 2013/03/20 22:30 ] 選び方 | トラックバック(-) | コメント(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。